【iPhone】SMS、MMS、iMessageの違いについて

Pocket

Stapa!ではFacebookの「Messenger」と「iMessage」での使用しやすいように開発されています♪

そこで、素朴な疑問・・・

iPhoneユーザーだけど、SMS、MMS、iMessageの違いって・・・?

について解説していきたいと思います!

ざっくりまとめると

SMS・・・・・・・・・携帯電話番号に送信するメール
MMS・・・・・・・・通常のメール
iMessage・・・・・Apple製品同士のメール。しかも無料。使用するならダントツこれでしょう。

3つのそれぞれの機能についてご紹介します!

SMS・・・Short Message Service
SMSは携帯電話番号でメッセージを送受信する為に作られた仕組みです。
MMS・・・Multimedia Messaging Service
SMSと違い、文字に加え画像や動画の添付も可能です。
※通常の携帯電話同士での送受信はMMSに該当し、
iMessage非対応機種の方とメッセージのやり取りをすると、MMSになります。
iMessage
iMessageは通常の携帯メールアドレスとAppleIDを紐付けて、
「iMessage」での送受信を可能としています。(知りませんでした!)
「チャット」のようにメッセージをやり取りする事ができるサービスです。
iPhoneユーザーの方はこちらは使用している方が多いのではないでしょうか?
※iMessageでの通信に失敗した場合はSMSとして送信する事も可能です。
※設定→メッセージ→SMSで送信をオンにする必要があります。
※SMSでは電話回線を使用するので、別途料金を請求されます。お気をつけください。