【7】黒田さんイチオシ!ブラック企業(後編)|就活・転職はブラック企業を選べ?!

Pocket

黒田さんイチオシ!ブラック企業(前編)はコチラ!

bn_blakuro01

blakuro7_cut01

その4:教育系ブラック企業

教育系は幅広く、子供の勉強や受験対策を行う学習塾、大人の資格取得のためのセミナーなど幅広く存在します。

特にブラックになりがちな企業が子供の教育系企業です。

まず労働時間。基本的に子供の学校が終わってから働くことになるので、夜はかなり遅い帰宅が想定されますね。また、子供を相手にするだけではなくその親に対しても対応する必要があります。

子供へ勉強を教える以上に、親への対応の方が神経をすり減らすかもしれませんね。


blakuro7_cut02

その5:スタートアップ系ブラック企業

スタートアップ系とは字のごとく、新しいビジネスモデルを開発して、ごく短時間で成長と資金回収を行い一攫千金を狙うガツガツした人々が集まる、ブラック企業の激戦区です。

そのため勤務形態はめちゃくちゃで、やることも多岐にわたります。中には儲かるまで無給で頑張ろう、と言われるかもしれません。ギャンブルのような日々ですね。

ただ、ビジネスモデルに直に向き合うことで、色々な知識や能力が身に付くことや、乗り越えた後の達成感を味わえるという点では、今後の社会人人生で役立つ体験ができるいい機会とも言えます。


blakuro7_cut03

その6:家族系ブラック企業

1つの家族で社長から幹部まで網羅している家族企業。

この配属には年齢もキャリアも関係なく、どうしようもない社長の息子などの親族がいきなり上司になったりします。

家族の絆が強ければ強いほどワンマン経営が強くなり、仕事はいつも一方通行、独断と偏見で全てが決められていきます。

それが間違った判断だとしても、指示通りロボットよのように命令に従うだけで、自分のスキルアップは全く見込めません。

そして結果的に会社が傾いたら、首を切られるのは幹部一族ではなく、現場の一般社員という理不尽なオプションもついてくることがあります。

黒田さんイチオシ!ブラック企業(前編)はコチラ!

bn_blakuro08